いのちをむすぶ

みなさんは、

おにぎり

おむすび

どっちの言葉を使ってるだろうか?

私はと言うと、初女さんの本に出逢ってからは、

おむすび

と言っている。

初女さんは、こう言っている。

人と人とをむすぶたべものということで、おむすび。

私は、お母さんがにぎってくれるおむすびが世界一美味しいし、大好きだ。

このおにぎりを食べると、お母さんのアイシテルがたくさん伝わってくる。家を出てから久しぶりに帰省しお母さんに会ってにぎってもらったおにぎりを食べる時は、涙がでてくる。

やっぱり、おにぎりじゃなくて、おむすびなんだな。

素敵な言葉だなと思った。

そういうことを、気づかせてくれる初女さん。直接会った事はないけど、こうやって本を読んで間接的に初女さんと出逢い、気づきや優しさを頂いてます。

今回の本、いのちをむすぶの表紙は、初女さんがおむすびをにぎっている写真です。

さぁ〜て、今回も感想いってみましょう。

ネタバレ注意です。

しわしわの手

なんでだろう。

しわしわでちょっとカサカサのおばあちゃんの手って、なんて大きいんだろうなって思うんです。

本書には多くの初女さんの写真が載っているのですが、そのしわしわのちょっとカサカサの手を見るだけで、あったかさや優しさを感じることができる。

その手でにぎるおむすびの写真、

その手でつむふきのとうの写真、

その手で漬ける梅干しの写真、

それぞれ全てが何かと繋がってる。

私はそう感じる。

食はいのち

食はいのち。食材もまたいのち。

食は生活の基本です。

心が苦しみで詰まっている人は

なかなか食べることができません。

それでもひとくち、ふたくちと食べ進み

“おいしい”と感じたとき、生きる力が湧いてきます。

(中略)

食を大切にする人は、人をも大切にします。

本の一部を抜粋。

食を大切にする人は、人をも大切にするというのは、本当だなと思う。

それは、うちのお父さんと相棒を見てそう感じる。

ご飯一粒残さず、お魚は大きな危ない骨以外全て食べ、食べ終わったお皿が綺麗なんです。

私というと、、、

特に外食先でちょっと苦手なものが出てくると最後まで食べれず残す事があります。そういう時、必ず相棒が全部綺麗に食べてくれるんですが、、、。

食材のいのちをいただいてるという認識が足りないなと反省です。

今思えば、うちのじいちゃん、ばあちゃんも食をとっても大切にしてました。

必ず、食事が終わった後のご飯茶碗にお茶かお湯を入れて飲んでました。

これって、もしかしたらちょっとの残りでも大切にいのちを頂くという事だったのかな。

心添わせて

初女さんは、食材に向き合う時、ひとつひとつ正しくていねいにやるのだそうです。

野菜の皮をむく時に、ピーラーを使うと私なんかは便利で早くていいなと思ってますが、

初女さんは皮をむくときは、野菜さんも痛いんじゃないかと思うから、包丁でそーっとむくそうです。

心をかけて、ゆっくりゆっくり行うそうです。

あれ!

これって、現代社会の流れと逆行してる。今は、時短、つく置き、レンチン、、、。いかに時間と手間をかけずに食すかという、、、。

私もこの現代社会の波に乗ってました。危うく戻っては来れない所まで行きそうでしたが、

よかった

この本と出逢えて、食材に心添わせる事が少しづつではあるができてきたと思う。

どんなに高級店やどんなに腕の良いシェフの料理よりも、

ばあちゃん、お母さんが心添わせ作ってくれた手料理は最高に美味しいし、今もこれからもその味は忘れないと思う。

私も全部がていねいに心添わせ、というわけにはいかないが、出来る時はやっていきたいと思う。

まとめ

この本は、読むとあったかい気持ちにさせてくれる本だった。

私がこうやっているのも、

いろいろな

むすび、

があっての事なんだな。

いろいろな、繋がりを、むすびを感じ大切にていねいにしていきたいなと気づかせてくれた本でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

海外でしばらく生活し、日本に帰国したが、また海外で暮らしたい。 今は大好きな日本での生活を楽しみたいと思ってます。 趣味は、読書、旅行、落語、ヨガ、ランニング、壊れた物を直す事、物をエイジングする事。 本は、いろいろな事を教えてくれるから大好き。私の大先生みたいなもんです。 旅行は、学生の頃はよく一人旅行ったな。家族、パートナー、友達ともよく行く。どっちにもそれぞれの良さがあるし、旅先での出逢いっていうのはたまらなく好きだ。寅さんみたい、旅先でものすごく仲良くなってしまうっていうのはめったにないが、出逢いがあると旅はグッと面白くなる事は間違いない。 落語は、いつも古今亭志ん朝(3代目)ばっかり聞いてしまう。大ファンなのだ。声が良い。柳田格之進、文七元結、井戸の茶碗とかきくともう涙が出て出てしょうがない。代脈とかは、笑いたい時によくきく。 ヨガ、いちおインド政府公認のインストラクターの資格を持っている。だがしかし、活かせてない、、、、。という話しはさておき、ウブドに毎月行ってヨガしてたほど、ウブドでヨガするのが好き。 ランニングは、かれこれずっとやってるな。海外でもレースに出たり、国内でもやってた。だがしかし、最近レース出てないな。近所をのんびり走る事が多くなりました。ランナーズハイ、これは本当にヤバイです!たまりませんね。 壊れたものを直すのは、本当に大好き。ボンドでつけたり、縫ったりとそんな程度ですけど。物を大切に使うのも好き。一番長いのは、幼稚園の頃から使ってる湯たんぽかな。 エイジングは、お気に入りのラウンジチェア、南部鉄瓶、南部鉄の急須、バック、コート、靴。 こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。