「粗食」のきほん 〜ごはんと味噌汁だけ、あればいい〜

佐藤初女さんの魅力にはまってる私は、また初女さんに逢いたくなり今回の本を手に取った。

そして、なんと。この本でまたまた素敵な出逢いがありました。

私が好きなレシピサイト、『白ごはん.com』を立ち上げた、冨田ただすけさん。ここのレシピで作るものはとても美味しくって好きです。食べた時に、食材の美味しさを感じることができるから好きです。

好きなものが繋がっていく、、、。

初女さん、田口ランディさん、冨田さん!

また話しはそれてしまいましたね。

戻りましょう。

日本の食事の原点である「粗食」、その「きほん」はどこにあるのか。

それは、「ごはんと味噌汁」にある。

私も強くそう思います。

それでは感想いってみましょう。

ネタバレ注意です。

おいしい

ダイエットする時は、米抜きにした方が良い。

白いもの(白米、白砂糖、牛乳)は健康によくない。

海底近くに住む魚や、大きな魚は食べるのを避けたほうが良い。

日本人は、塩分の取りすぎだから減塩を。

インターネットや雑誌などには、こういう多くの食についての情報が溢れている。

私もこれまで、いろいろな情報に流されてきた。

良いと言われているものは、積極的に取るようにしていたけど、体が本当に欲しているものではないから、結局続かない。

美味しいと感じない。

だから続かずやめる。

でもまた新たな体に良い情報を知ると、試してしまう。自分の体の声は無視だ。

でもこの本を読んで気づきました。

ネットや雑誌等で体に良いと書いてあっただけで、好きでもないものを食べるより、

ばあちゃん、お母さん、相棒、相棒のお母さん、そして自分が、愛情込めて作った食事や自分が食べたいと思ったものを食べ、おいしいって感じることが1番体に良いと。

このおいしいは、

体の一番の栄養になってる気がする。

だって、こういうものを食べたあとは、いっぱい笑えるし元気になる。

パン

パンは好きです。特に菓子パンや惣菜パンは、手軽に食べれて美味しい。忙しい朝には紅茶を入れていただけば朝食の準備は不要で洗い物もでない。非常に楽だ。

ただ、パンの朝食を食べ続けるとちょっと体調が不調になる。

お米食べていると、快便なのだが、、、。

朝食にパンが続くと、ちょっと、、、お通じが不調になる。

だから、また米に戻すと、体調は戻ってくるし、午前中の元気パワーが違う。

きっとパンが体に合う方もいると思うんだけど、私の腸はお米好きみたい。

米と味噌と塩さえあればよい

これは、私のじいちゃんがよく言ってた事だ!

私もそう思う。

米と味噌と塩さえあれば、味噌むすびに塩むすびができる。究極の事を言えば、これさえあればもう私は満足だ。

この事と似たようなことを言ってるのが、この本のタイトルだ。

ごはんと味噌汁だけ、あればいい

ただ、これにはちょっとした私のエピソードをみなさんに伝えたい。

話がそれちゃいますが御容赦下さいませ。

小学生の頃、私は好んでご飯と味噌汁、時々ちょっとのおかず、という食生活をおくっていた。

走ることが大好きで、登下校も走ってたほど。

学校から帰ってくると宿題をすぐに終わらせ、速攻友達と夕方まで思いっきり外で遊ぶという生活をおくってた。

年に一回マラソン大会があり足には自信があり毎年1位だった。ある年のマラソン大会で今年も優勝するぞという思いで全力で走った。だが走っても走っても息が苦しくってどうしようもなかった、、、。病院に行くと、悪性鉄欠乏貧血と言われ、しばらく運動禁止になり治療する事になった。

ごはんと味噌汁だけあれば良いと思う。ただそういう日が数日あっても良いが、育ち盛りの子供にはこれだけの食事ではちょいと足りない。たくさん走り回って遊ぶ年代なのだから、おかずももりもり食べた方が良い!

この時に、子供ながら食って大事だな、私の体を作ってくれてるんだなと実感した。その後、ばあちゃんは私の食事とおやつに鉄分を含んだ食べ物を考えて出してくれた。

やっぱりこれじゃなきゃ

米と味噌は、やっぱり自分の生まれ故郷のものが1番美味しいし、食べるとほっとする。

みんなもそうなのかな?

故郷のものが手に入らないときは、なるべく近いエリアのものを買う。

塩については、まだあまりわかってない、、、。感じるときがきたら、この部分アップデートしますね。

まとめ

この間まで海外にしばらく住んでたけど、日本の米と味噌は欠かしたことがなかった。故郷のものまでは、手に入れることができなかったが、ごはんと味噌汁を頂いた日は、うんと元気がでた。

みなさんは、どうかな?

最近は、農業する方がいなくなってお米作る人が減っているみたい。

お米って作るの、本当に大変なんだよね。昔作ってた事があるからわかるけど。

お米食べる時、感謝の気持ちでいっぱいです。

いつか私もお米作ってみたいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

海外でしばらく生活し、日本に帰国したが、また海外で暮らしたい。 今は大好きな日本での生活を楽しみたいと思ってます。 趣味は、読書、旅行、落語、ヨガ、ランニング、壊れた物を直す事、物をエイジングする事。 本は、いろいろな事を教えてくれるから大好き。私の大先生みたいなもんです。 旅行は、学生の頃はよく一人旅行ったな。家族、パートナー、友達ともよく行く。どっちにもそれぞれの良さがあるし、旅先での出逢いっていうのはたまらなく好きだ。寅さんみたい、旅先でものすごく仲良くなってしまうっていうのはめったにないが、出逢いがあると旅はグッと面白くなる事は間違いない。 落語は、いつも古今亭志ん朝(3代目)ばっかり聞いてしまう。大ファンなのだ。声が良い。柳田格之進、文七元結、井戸の茶碗とかきくともう涙が出て出てしょうがない。代脈とかは、笑いたい時によくきく。 ヨガ、いちおインド政府公認のインストラクターの資格を持っている。だがしかし、活かせてない、、、、。という話しはさておき、ウブドに毎月行ってヨガしてたほど、ウブドでヨガするのが好き。 ランニングは、かれこれずっとやってるな。海外でもレースに出たり、国内でもやってた。だがしかし、最近レース出てないな。近所をのんびり走る事が多くなりました。ランナーズハイ、これは本当にヤバイです!たまりませんね。 壊れたものを直すのは、本当に大好き。ボンドでつけたり、縫ったりとそんな程度ですけど。物を大切に使うのも好き。一番長いのは、幼稚園の頃から使ってる湯たんぽかな。 エイジングは、お気に入りのラウンジチェア、南部鉄瓶、南部鉄の急須、バック、コート、靴。 こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。