オリガ・モリソヴナの反語法

今日は、ノンフィクションのようでフィクションな、とびっきりの小説を紹介します。米原万里さんといえば、佐藤優さんの著書にもよく出てくるロシア語同時通訳者ですが、エッセイストとしても有名です。彼女の綴るエッセイは、ユーモアやエロスに溢れ、それでいて彼女はなんでもはっきりいうので、読んでいてとても軽快な気分になります。そんな彼女が書いた唯一のフィクション小説、「オリガ・モリソヴナの反語法」を紹介します。(もうひとつの傑作、「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」についても、後日紹介する予定です。)

作品のタイトルと表紙からは全くイメージがわきませんが、この小説は知的好奇心を刺激されまくる本当にすごい小説なので、心して読んでください!!

 

あらすじ

一九六〇年代のチェコ、プラハ。父の仕事の都合でこの地のソビエト学校へ通う弘世志摩は四年生。彼女が一番好きだったのは、オリガ・モリソヴナ先生の舞踊の授業。老女なのに引き締まった肉体、ディートリッヒのような旧時代の服装で踊りは飛び切り巧い。先生が大袈裟に誉めたら、要注意。それは罵倒の裏返し。学校中に名を轟かす「反語法」。先生は突然長期に休んだり、妖艶な踊り子の古い写真を見せたり、と志摩の中の“謎”は深まる。あれから30数年。オリガ先生は何者なのか?42歳の翻訳者となった志摩は、ソ連邦が崩壊した翌年、オリガの半生を辿るためモスクワに赴く。伝説の踊り子はスターリン時代をどう生き抜いたのか…。驚愕の事実が次々と浮かび、オリガとロシアの、想像を絶する苛酷な歴史が現れる。新大宅賞作家、米原万里、感動の長編小説「BOOK」データベースより

 

この作品の舞台は共産主義時代のチェコ、プラハです。主人公の志摩が大人になってから学生時代過ごしたプラハでの学校の謎解きをする物語です。志摩が大人になってからソ連が崩壊し、情報が開示され始めたのがきっかけで、物語がスタートしていきます。学生時代の謎解きのためにロシアに渡った志摩が得た結論とは何だったのでしょうか?

 

 

スターリン時代

当時、スターリン統治下のソ連では、大静粛という名前の大量虐殺がありました。静粛とはもともと共産党員の離反者やその家族に対しての処刑を指す言葉ですが、スターリン時代にはこれが民衆にまで及び、大虐殺となりました。いわゆる魔女狩り裁判のような勢いで次々に何の罪もない民衆が逮捕されては強制収容所に送られるか即刻処刑されたようです。そして民衆はこの大静粛におびえることになりました。最終的に何人が処刑されたかは正確には分かっていないようですが、数万人の規模ではなく、数百万人が殺されたというのは間違いなさそうです。
話が大静粛の暗いに話題にそれてしまいましたが、この小説のすごい所は、そんな時代の難しくて暗い歴史を、主人公と一緒に謎を解きながら、その背景として、当時の雰囲気や歴史を学べる所にあるのです。それも全然シリアスなタッチではなくユーモラスなタッチで描きます。これは歴史の傍観者としてではなく、歴史に巻き込まれた張本人から見た視点だといえます。このことから、実際にその時代を生きた人たちの感覚というのが伝わってきます。これはロシア語同時通訳者である米原万里にしか書けなかった物語だと思うし、これを日本語で書いてくれた彼女のためにも、是非読むべき小説だと思うのです。

 

 

共産主義と大量虐殺の歴史

物語の背景であるソ連の大静粛を勉強するにあたって、どうしてもポルポト政権による大虐殺を思い出してしまいました。以前プノンペンにある大量虐殺の現場(強制収容所や集団墓地)を見てきましたが、この非人道的な行為は共産主義だからこそたどり着いた先なのか、それとも共産主義と銘打った独裁国家だからなのかはわかりません。ですが、いずれにしろ共産党を謳っている国家の独裁者が指示したことは間違いありません。独裁者が生まれたとき、国民全員、とくにその国の中でも貧しい層(大衆)の知識が薄学だとこういう事になってしまうのかなと思います。そのためにも私たちは勉強しなければならないし、歴史を繰り返すようなことをしてはならないと思うのです。

 

 

物語の結末

これは謎解きの物語だと繰り返していますが、途中で物語が発散して何が起こっているのか分からなくなる時があります。でも大丈夫。最後まで読めば物語が綺麗にすべてつながるのです。物語にはエリオノーラ・ミハイロノヴナという女性が出てきます。私は物語を読み進めてもこの女性がなぜ出てくるのか全く分からなかったのですが、最後に彼女が急に記憶を戻して、すべてを語ったことですべてストンと腹に落ちます。このストーリー展開には思わず「うまい!!」と唸ってしまいました。

 

 

本作がフィクションの理由

オリガモリソヴナは実在する人物のため、本当はノンフィクションで書きたかったようです。ですが、資料をガチガチに固めることができずに、このようなストーリー仕立てになったとのこと。本作はこれが功を奏して良い雰囲気に仕上がっています。私などがレビューを書くと思いっきり暗くなってしまうようなトピックなのに、子供たちが生き生きと明るく生活をしているいわゆる学園モノの描写と、大人になった彼女たちが当時を思い出しながら謎解きをしていく描写から、本作の味が出ています。今、外から見ると暗い歴史の中に生きている人たちの感覚を、その人たちの視点で描くというのは、大変難しいことだしあまり例がない作品なので、文学的にも大変貴重な作品だと思います。

また、ノンフィクションよりフィクションの方が、ずっと気を使うというのにはびっくりしました。ノンフィクションは下調べが大変そうなイメージがあり、フィクションであれば想像したことを思うままに書けると思うのですが、著者曰くフィクションというのはうそをつくという事。そしてかなりの下調べがないと、うまいうそがつけないし、そのうそのつき方で、著者が判断されてしまう。とのことです。この姿勢には大変感銘を受けました。

 

 

池澤夏輝との対談

わたしは本のあとがきを読むのが好きです。そしてさらに、本の最後に対談が載っているものはもっと好きです。この本の最後には私の大好きな小説家(詩人)のひとり、池澤夏輝との対談が収録されています。彼は本作品をドゥマゴ文学賞に選んだ時の選考委員で、相当にこの作品に惚れ込んでいるようです。

この対談の見どころは池澤夏輝に対する米原万里の態度です。米原万里は少しもへりくだることなく、自分の本を審査した池澤夏輝に対し言い返します。この姿勢はさすが米原万里だと思い、ますます彼女の事が好きになりました。

 

 

 

さて、如何でしたでしょうか?今回はこの小説の特質上、あまりストーリーを書かずに、作品の背景と、なんでこの本がすごいかということを書きました。この記事を読んで少しでも興味が沸いた方は是非、主人公の志摩と一緒に謎を解きながらこのフィクションのストーリーを通してスターリン時代について学んでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

元シンガポール在住のエンジニア。趣味は旅行と、本を読むことと、走ることと、ヨガと、サーフィンと、音楽を聞くことと、カメラと。。。何かに依存せずに自分を持っている人を尊敬します。