ロシア文学

ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか? 二つの世界間を生き延びたイディッシュ文化の末裔

ウィーンのアルベルティーナ美術館で、初めてシャガールの絵と出逢いました。シャガールの予備知識も何もありませんでした。 私はシャガールの絵を前に涙が止まりませんでした。ものすごい悲しみや辛さと共に幸せが同居しているような。…